下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが新しい第一歩です!

ディーラーでは30万円の下取りだったのが、
買取業者だとなんと80万円になった!
なんてことも結構あります。

一括査定サイトを使うと、
何社もの大手下取り会社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれます。

ですので、結果的に値段が吊り上がるわけです!

トヨタのC-HRのエアロのモデリスタのカスタムについて紹介します。

モデリスタといえば、トヨタグループの中でトヨタ車のカスタムを専門を行っている会社です。

もちろん、C-HRも例外ではなく、2つのカスタムモデルが存在するようですね。

早速、C-HRのモデリスタの2つのカスタムモデルについて見てみましょう!

スポンサーリンク

C-HRのエアロ(モデリスタ)の2つのカスタムスタイルとは?

引用:https://toyota.jp/c-hr/

TOYOTAのカスタムブランド「モデリスタ」ではC-HR向けに以下の2つのスタイルが設定されています。

  • BOOST IMPULSE STYLE
  • ELEGANT ICE STYLE

となっています。

ちなみにモデリスタの2つのカスタムスタイルはトヨタ、トヨペット、ネッツ、トヨタカローラの4つ全ての販売系列店で取り扱っています。

ですので、これらの店舗を気にすることなく注文が可能です。

BOOST IMPULSE STYLE

引用:https://toyota.jp/c-hr/

BOOST IMPULSE STYLEは“よりアグレッシブで、スポーティで先進的”というコンセプトで開発されたスタイルです。

BOOSTは“気持ちが高揚する”、IMPULSEは“衝動に駆られる”という意味があります。

そのため、BOOST IMPULSE STYLEは運転したい衝動に気持ちが駆られるデザインとなっています。

ELEGANT ICE STYLE

引用:https://toyota.jp/c-hr/

ELEGANT ICE STYLEはBOOST IMPULSE STYLEとは異なり、モデリスタの正統派デザインで開発されたスタイルです。

モデリスタの正統派デザインは、スタイリッシュを追及したデザインとなっており、上品さと透明感を併せ持った雰囲気を持っています。

2つのモデリスタのカスタムスタイルを選ぶ際には注意点がある!?

2つのカスタムスタイルを構成するパーツはそれぞれ単品での装着も可能です。

ですので、4つの販売系列店で扱っているカスタムスタイルのパーツやスポーティスタイルのパーツとも組み合わせるのも可能です。

しかし、それぞれのスタイルを構成しているパーツは各スタイルのコンセプトを具現化したパーツです。

そのため、組み合わせた場合にいろいろなイメージが混ざり合い、かえって全体のイメージが薄まってしまうこともありえます。

ですので、カスタムスタイルを選ぶ際は基本的に構成パーツをいじらない方が無難かもしれません。

スポンサーリンク

C-HRのエアロ(モデリスタ)のブーストインパルスはどこがカスタムされている?

引用:https://www.modellista.co.jp/product/c-hr/

モデリスタの紹介ページではブーストインパルスモデルは
“戦闘機の翼を思わせる、ダイナミックなウィング形状のガーニッシュとメカニカルなLEDイルミネーション”
を謳い文句にしています。

モデリスタの正統派のイメージである“スタイリッシュを追及したデザイン”ですので、ブーストインパルスは正統派デザインとはちょっと異なるラインナップです。

ブーストインパルスでは

  • フロントスポイラー
  • サイドスカート
  • リヤスカート
  • フロントグリルガーニッシュ
  • フェンダーガーニッシュ
  • バックドアスポイラー

の6つのパーツがカスタムされています。

ブーストインパルスを構成するパーツを装着すると、開発者がデザインした
“よりアグレッシブで、スポーティで先進的”と
いうコンセプトが浮かびあがってくるのを感じます。

フロントスポイラー

フロントスポイラーではブーストインパルスのアイコンである戦闘機の翼を模したガーニッシュと力強さを感じるLEDイルミネーションを配置しています。

サイドスカート

C-HRオリジナルのサイドスカートより、地上高を62mm下げ、地面との空力抵抗を考えたデザインが特徴的です。

リヤスカート

マフラーがあたかもビルトインされたようなデザインが特徴です。

また、効果的に配置された黒のデザインがリアを引き締めています。

フロントグリルガーニッシュ

フロントグリルガーニッシュを装着することでフロントマスクの雰囲気がブーストインパルスのコンセプトの1つの“よりアグレッシブさ”を感じることが出来るようになります。

フェンダーガーニッシュ

フェンダーのフロントドア寄りの位置に装着することでプロテクターを装着したような雰囲気になります。

フェンダーガーニッシュはC-HRの力強さを感じさせることに一役買っています。

バックドアスポイラー

リヤスカートと同じように黒が効果的に配置されています。

これによってリアの雰囲気を引き締める効果があります。

ブーストインパルスのまとめ

ブーストインパルスはあえてモデリスタの正統派イメージである“スタイリッシュを追及したデザイン”と異なるコンセプトにしたことでモデリスタの新しいデザインの先駆けとなるスタイルです。

一味違うモデリスタのデザインを感じてみたい方にはブーストインパルスはオススメできるスタイルです。

スポンサーリンク

C-HRのエアロ(モデリスタ)のエレガントアイスはどこがカスタムされている?

引用:https://www.modellista.co.jp/product/c-hr/

エレガントアイスはモデリスタの正統派イメージである“スタイリッシュを追及したデザイン”を体現したパーツで構成されています。

エレガントアイスでは

  • フロントスポイラー
  • サイドスカート
  • リヤスカート
  • サイドドアガーニッシュ
  • ミラーガーニッシュ
  • ドアハンドルガーニッシュ

の6つのパーツがカスタムされています。

エレガントアイスを構成するパーツを装着すると、モデリスタの正統派イメージをC-HRでも纏うことができます。

フロントスポイラー

スタイリッシュを追及したデザインを出すため、ワイドに伸びる金属調のガーニッシュ部分が特徴的です。

これによってC-HRにクールさを感じることができます。

サイドスカート

ブーストインパルスと共用の部品ですが、フロントスポイラーとリヤスカートの造形と一体感があるパーツです。

リヤスカート

リアスカート自身はシンプルなデザインです。

ただし、逆に洗練された後ろ姿になります。

まさにリヤスカートはスタイリッシュを表現した装飾部品というわけです。

サイドドアガーニッシュ

サイドスカートと一体感を感じさせる装飾部品でありながらも、メッキパーツがクールさを感じさせます。

サイドドアガーニッシュも“スタイリッシュさ”に一役買っている装飾部品です。

ミラーガーニッシュ

ミラーガーニッシュをミラーに装着することで、C-HRに金属調の硬質な輝きを与える効果があります。

ドアハンドルガーニッシュ

ミラーガーニッシュと同様に、フロントドアハンドルに装着することでC-HRに金属調の硬質な輝きを与える効果があります。

エレガントアイスのまとめ

エレガントアイスはモデリスタの王道的なスタイルです。

モデリスタが追及する王道的なスタイリッシュイメージを持たせたい方には是非ともオススメのスタイルです。

C-HRのエアロ(モデリスタ)のカスタムのまとめ


C-HRのエアロのモデリスタの2つのカスタムスタイルについてはいかがだったでしょうか?

モデリスタの王道スタイルのエレガントアイスで無難にいくのもアリですが、あえてブーストインパルスに挑戦するのも非常に捨てがたいところです。

あえてブーストインパルスでモデリスタの正統派イメージを外すデザインを用意する、というのもやはりC-HRだからこそできるデザインなのでしょうかね。

以上、C-HRのエアロのモデリスタカスタムについてでした。

最後までご覧いただきありがとうございました!

新型C-HRがほしい!

C-HRって良いですよね!

SUVは内装、外装共に
カッコいい
の代名詞です。

C-HRのそんなSUVの中でも発売当初から常にトップを維持し続けています。

やはり、
センシュアル スピード-クロス
のキーワードは伊達ではありません!

でも、いざ買うとなると…

  • 「やっぱり高いなぁ…」
  • 「頭金もない…」
  • 「値引き交渉がしんどいなぁ…」
  • 「ディーラー回りはやだなぁ…」

などなど、とにかく悩みがつきないんですよね…。

でも、この悩み、誰も相談できる人がいません。

C-HRの情報をネットで調べても、
車好きの友人に聞いても、
結局わかるのは車の性能くらいです。

家族に相談しても
結局言われる一言が
「今の車でいいじゃん」

違う、そうじゃないんだよっ!!(怒)

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが新しい第一歩です!

ディーラーでは30万円の下取りだったのが、
買取業者だとなんと80万円になった!
なんてことも結構あります。

一括査定サイトを使うと、
何社もの大手下取り会社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれます。

ですので、結果的に値段が吊り上がるわけです!