トヨタC-HRのカスタムパーツ(内装)は何がオススメ?

C-HR カスタム
この記事は約6分で読めます。
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが新しい第一歩です!

ディーラーでは30万円の下取りだったのが、
買取業者だとなんと80万円になった!
なんてことも結構あります。

一括査定サイトを使うと、
何社もの大手下取り会社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれます。

ですので、結果的に値段が吊り上がるわけです!

C-HRの内装のカスタム(パーツ)についての記事です。

C-HRのインテリアはクールでかつ、高級感のあるデザインが特徴です。

カスタムパーツはそんなC-HRの特徴を更に引き立ててくれます!

今回はそんなC-HRの内装のカスタムパーツについて

  • インテリアパネル
  • シート

を中心に紹介します!

スポンサーリンク

C-HRのインテリアパネルの内装カスタムパーツでオススメは?

引用:https://toyota.jp/c-hr/

C-HRの内装の雰囲気を決めるカスタムパーツの1つがインテリアパネルです。

インテリアパネルは内装の雰囲気を決める要の一つと言っても過言ではありません。

ここではカスタムパーツの商品のラインアップの傾向から2つのトレンドの

  • クール感
  • 高級感

に注目して、C-HRのオススメのインテリアパネルのカスタムパーツを紹介していきます!

外装のクールな雰囲気に合わせて内装もクールなインテリアパネルを選ぶか、それともあえて内装では高級感のあるインテリアパネルを選ぶか、好きなように選べるのがC-HRの内装のカスタムの魅力ですよね!

クール感

C-HRの外装の雰囲気はTOYOTA車の中でもトップクラスのクール感にあふれた作りをしています。

もちろん内装の雰囲気もクール感があふれてくる仕立てとなっています。

そんな内装のクール感をさらに強化するインテリアパネルがRevierブランドのカーボン調のインテリアパネルです。

↑↑↑ 画像をクリックすると、商品ページにリンクします。

このRevierブランドのパーツは、車種専用設計というのは当たり前なのですが、実はそれだけではありません。

実はパーツの装着があらかじめ部品に貼りつけられている両面テープを剥がして該当の部品に貼りつけると言う手軽さが魅力的なんですよね!

もちろん、インテリアパネルの表面はカーボン調ということでクール感に合わせてスポーツ感も演出できますよ!

高級感

クールなC-HRの外装の一方で、あえて内装は高級感のある雰囲気を出して大人の遊び心を演出するのもアリです。

例えば、こちらのSecond Stageブランドのエボニー調のインテリアパネルならそんなC-HRの内装の高級感を演出することができます。

↑↑↑ 画像をクリックすると、商品ページにリンクします。

Second Stageブランドのパーツは先程のRevierブランドのパーツと同様で装着は装着は部品に貼りつけられている両面テープを剥がして該当の箇所に貼りつけるだけとお手軽です。

もちろん、車種専用の設計ですので、フィット感も問題ありません。

エボニー調のインテリアパネルは、高級感をかもし出すエレガントな雰囲気を持っています。

それだけに外装の雰囲気とは異なる艶を出すことができるわけですね!

スポンサーリンク

C-HRのシートの内装カスタムパーツでオススメは?

引用:https://toyota.jp/c-hr/

C-HRでの運転や乗車の際に体を預けるメインのパーツはシートです。

そんな、体を預ける相棒であるシートを自分自身の感性に合わせた雰囲気にしてくれる、シートカバーのカスタムパーツを紹介していきます。

ここでは

  • クール感
  • マッシブ感

の2つの観点でオススメのシートカバーのカスタムパーツを紹介しましょう!

クール感

C-HRは数あるTOYOTA車の中でも、外装はトップクラスのクール感をかもし出しています。

もちろん、純正シートも外装の雰囲気を生かしたデザインとなっているのは言うまでもありません。

ただし、そんな内装のクール感をさらに強化できるオススメのパーツを紹介します。

それがClazzioブランドのプライムシリーズのシートカバーです。

↑↑↑ 画像をクリックすると、商品ページにリンクします。

Clazzioの製品は、車種専用設計を基本としています。

ですので、ラインアップの対象車種であればシートの形状にしっかりとフィットする製品が用意されています。

また、このプライムシリーズは、シンプルさの中に個性的な印象を与えるデザインをしています。

ですのでC-HRの雰囲気をさらにクールにしてくれる効果を持っているというわけですね!

マッシブ感

C-HRの外装は見る人によっては、クール感とは別にマッシブなイメージを感じることもあります。

ここでは内装のマッシブ感を強化するシートのカスタムパーツを紹介します。

それがLANBOブランドのType VOIDのシートカバーです。

↑↑↑ 画像をクリックすると、商品ページにリンクします。

Type VOIDはユーロスポーツスタイルをモチーフにしたデザインを謳っていることもあり、存在感を際立たせたモチーフとなっています。

このモチーフを取ることによって、マッシブ感を強化する効果が得られます。

また、さらにマッシブ感を強化するのにオススメなのが
“ブラック×ホワイトパンチング”
のカラー設定です。

さらにマッシブなデザインが引き立つのでかなりオススメです!

スポンサーリンク

C-HRの内装のカスタムパーツはその他に何がある?

当たり前ですが、C-HRの内装のカスタムパーツは

  • インテリアパネル
  • シート(カバー)

だけではありません。

そこでその他のC-HRの内装カスタムパーツについても簡単に紹介していきましょう!

ステアリングホイール / シフトノブ

引用:https://toyota.jp/c-hr/

C-HRのステアリングホイールやシフトノブはクールなイメージを強化するパーツから、高級感が出る本革を使用しているパーツまであります。

シートと合わせてクールに決めるか、それとも本革製のパーツを使って高級感を演出するかはアナタ次第ということですね!

センターコンソール

引用:https://toyota.jp/c-hr/

C-HRのセンターコンソールにはUSBポートの増設、ドリンクホルダーや小物入れを追加したりなど、移動中の便利さを上げるパーツが揃っています。

ペダル

C-HRのペダルはアルミ製のパーツに変えてスポーティさのアピールやタッチ感を変更するパーツが揃っています。

その他の内装カスタムパーツ

引用:https://toyota.jp/c-hr/

その他にもC-HRの内装カスタムパーツはこんなものもあります。

  • ルームランプ
  • フロアマット
  • メッキパーツ
  • カーナビ、オーディオ
  • ユーティリティーパーツ

実は今回紹介しきれていない内装のカスタムパーツも他にもありそうです。

つまり拘り抜けばC-HRの内装のカスタムはどこまでも好きなだけできるということですね!

C-HRの内装のカスタムパーツのまとめ

C−HRの内装のカスタムパーツについてはいかがだったでしょうか?

C-HRには乗る人の感性に合わせてさらに個性的な車にするための内装のカスタムパーツが揃っています。

それだけにさらなる追究を求める楽しさがあります。

これを機会にあなた自身が納得するまでC-HRの内装をカスタムしてみてはいかがでしょうか?

以上、C-HRの内装のカスタムパーツの紹介でした。

最後までご覧いただきありがとうございます!

新型C-HRがほしい!

C-HRって良いですよね!

SUVは内装、外装共に
カッコいい
の代名詞です。

C-HRのそんなSUVの中でも発売当初から常にトップを維持し続けています。

やはり、
センシュアル スピード-クロス
のキーワードは伊達ではありません!

でも、いざ買うとなると…

  • 「やっぱり高いなぁ…」
  • 「頭金もない…」
  • 「値引き交渉がしんどいなぁ…」
  • 「ディーラー回りはやだなぁ…」

などなど、とにかく悩みがつきないんですよね…。

でも、この悩み、誰も相談できる人がいません。

C-HRの情報をネットで調べても、
車好きの友人に聞いても、
結局わかるのは車の性能くらいです。

家族に相談しても
結局言われる一言が
「今の車でいいじゃん」

違う、そうじゃないんだよっ!!(怒)

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが新しい第一歩です!

ディーラーでは30万円の下取りだったのが、
買取業者だとなんと80万円になった!
なんてことも結構あります。

一括査定サイトを使うと、
何社もの大手下取り会社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれます。

ですので、結果的に値段が吊り上がるわけです!

タイトルとURLをコピーしました