XV(スバル)の内装のカスタムはどこまで可能?こんな部分も!?

XV カスタム
この記事は約7分で読めます。
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが新しい第一歩です!

ディーラーでは30万円の下取りだったのが、
買取業者だとなんと80万円になった!
なんてことも結構あります。

一括査定サイトを使うと、
何社もの大手下取り会社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれます。

ですので、結果的に値段が吊り上がるわけです!

スバルXVの内装のカスタムについて紹介します。

車のカスタムと聞くとやはりエアロやタイヤのホイールなどの外装の部品に注目されがちです。

しかし、内装部分のカスタムで自分のオリジナルな空間を作るのも楽しいものです。

そこで今回は人気の高いスバルXVの内装のカスタムについて紹介していきますね!

スポンサーリンク

スバルXVで内装のカスタムが可能な箇所はどこ?

まずはスバルXVの内装についてカスタムできる場所について紹介します。

主にスバルXVでは以下の箇所がカスタマイズできます。

  • インパネ
  • シート
  • ダッシュマット・カーマット
  • アクセルペダル・ブレーキペダル
  • ステアリング
  • その他

それでは早速それぞれの箇所について説明していきましょう!

インパネ

インパネはメーター類やエアコンの排出口、ダッシュボードなども含む車内の前面部分です。

非常に広い範囲ですのでこの部分のカスタムで車の印象はガラリと変わります。

ポップな色合いや高級感のある木目調、アルミで縁取られたスポーティーなデザインなど実に様々なカスタムが楽しめる場所です。

シート

車の購入時にお好みのシートにすることもできますが購入後にシートを張り替えてカスタムすることもできます。

またシートの表面素材のみをシート本体にかぶせるカスタムもあり予算的にはこちらの方が経済的です。

インパネとシートのデザインに統一感を持たせたり本革レザーシートで高級感を出したりカスタムの幅は非常に多い箇所になります。

ダッシュマット・カーマット

ダッシュボードの上に敷くマットと足元に敷くマットです。

ダッシュマットは基本的にダッシュボードの上に設置するだけなので面倒な作業がいらず、一瞬で車をドレスアップしてくれる効果があります。

カーマットは足元の汚れで車内が汚れるのを守ってくれます。

こちらはあまり目に付く場所ではないですが色や柄、素材など種類は豊富にそろっています。

アクセルペダル・ブレーキペダル

エンジンの振動や加速感を味わいたいなど、運転そのものにこだわりがある方などがカスタムする箇所です。

ペダルそのものを交換する方法とノーマルのペダルの上に設置する方法の2種類があります。

カスタム用のペダルは通常のものよりサイズが大きく素材はアルミが多いです。

滑り止めなどもついているので雨で足元が濡れている時などは安全です。

ステアリング

運転中は常に握っているステアリングですのでこだわりも大きい箇所になります。

カスタムする方法としてはステアリング自体を交換する場合とノーマルステアリングの上からステアリングカバーを取り付ける2種類があります。

ただしステアリング自体を交換する場合は専門工場での交換をおすすめします。

スバルXVのステアリングにはエアバックが搭載していますのでこれが暴発すると大変な事故につながりかねません。

カバータイプのカスタムステアリングは取り付けも簡単ですし種類も豊富です。

グリップの感触で選ぶのも良し、内装の雰囲気に合わせて選ぶのもいいでしょう。

その他

アクセサリーパーツという視点で考えた時にカスタムできる個所はまだまだあります。

室内にあるごみ箱やシガーソケット、バックミラー、ドリンクホルダーなども少し変えただけで室内の雰囲気は変わるものです。

これらを変える事もお手軽な内装のカスタムと言えるでしょう。

スポンサーリンク

スバルXVの内装のインパネのカスタムパーツでおススメなのは?

車のインテリアの顔とも言われているこの部分は運転席からメーターやエアコン周り、助手席の全面に至るまでとても広い範囲にあたります。

スバルXVのインパネのカスタムパーツの特徴として社外パーツよりも純正パーツの方がラインナップが充実しているという特徴があります。

そんなインパネのおススメカスタムを詳しく紹介していきます。

スバルXVインパネ&フロントドアパネル(ミスティドット/カーボン調&ブラック)

純正部品です。

色はカーボン調とブラックの2色があります。

インパネ部分とフロントドアパネルの2か所が統一された色味になるのでとても落ち着いた雰囲気になり非常に高級感があります。

スバルXVマットカーボン調パネル

純正部品です。

助手席側インパネの一部分がカーボン調になっている商品です。

横長で面積としてはあまり大きくないのですがワンポイントで違う素材が入ることで非常にスタイリッシュな印象をうけます。

パネルディスプレイアッパー

純正部品です。

運転席のセンターメーター上部をやや大きめで厚みのある傘で覆うことでディスプレイの濃淡が際立ち明るい場所でもメーターが見やすくなります。

また丸みを帯びた形状はともすれば硬派な印象のスバル車において柔らかい印象を与えてくれます。

丁寧に施された縫製もセンスが光るパーツです。

オートエアコンパネルクローム調

メーカー名DMMC。

インパネセンター付近にある3つの空調用のつまみをメッキで囲むようにデザインされています。

構造自体は簡単にできていてテープで張り付けるだけの作業です。

存在感のある3つのつまみの周りがキラキラ光りだしさらに存在感をまします。

ワンポイントカスタムの楽しさに気づくアイテムです。

スバルXVのインパネのカスタムパーツのまとめ

スバルXVのインパネカスタムパーツは他のメーカーや車種に比べて少ないことは否めません。

しかしその分純正のカスタムパーツのクオリティーは高く、種類も豊富にあります。

純正部品だけあって非常に全体の雰囲気になじみが良く違和感なくカスタムを楽しむ事ができると思いますよ。

スポンサーリンク

スバルXVの内装のシートのカスタムパーツでおススメなのは?

車の内装のカスタムで一番面積としては広いのがシート部分になります。

それだけに全体のイメージをガラッと変えてしまうほどのインパクトを与えることができるカスタムになります。

カスタム方法としてはシートを取り外して新しいシートを取り付ける方法とシートの上にカバーをかける方法の二種類があります。

今回は一般的なカバータイプのカスタムのおススメを紹介して行きたいと思います。

オールウェアーシートカバー(ドット・ブラック・オレンジ)

純正部品です。

撥水加工が施していますので水を弾き汚れに強い特徴があります。

小さなお子様がいらっしゃるご家庭などどうしてもシートが汚れがちになりますがこのシートなら誤ってこぼしてしまったドリンクなども簡単に拭き取ることができます。

Refinad(leather deluxe series)(ブラック・グレー・ダークブラウン・ベージュ・ダークベージュ・ワインレッド)

Refinad(レフィナード)のレザーシートになります。

非常に精密に設計されたシートカバーです。

革張りの高級感は勿論カバーの下に厚さ10ミリのクッションを敷き体によりなじむように作られています。

色も6色展開しているのでシックなイメージのあるレザーシートにおいて自分らしいカスタムにができるラインナップになっています。

オートウェア シートカバーモダン(ブラック)

黒で統一されたシンプルなデザインでどんな雰囲気にもマッチします。

シート以外もカスタムしている場合少し内装に統一感がでなくなることがありますがこのシートなら内装全体を引き締めてくれることでしょう。

ヌブリーノ生地という最高級合皮で作られたこのシートは柔らかく乗り心地も抜群です。

Sanii(コロール・マカロン・ワッフル・ドルチェ)

Sanii(サンディー)は16種類の色と16種類のパイピングでカスタマイズできる新しいシートカバーです。

4つのラインナップが展開されていますがそのどれもがポップで明るい雰囲気です。

特にツートンでシートカスタムできるので今まで見たことが無い位かわいいらしいスバルXVの内装にカスタムできます。

スバルXVのシートのカスタムパーツのまとめ

スバルXVのシートカスタムはそのパーツの多さから選ぶ楽しさがあります。

この選ぶ楽しさこそが車をカスタムする楽しさだと思います。

少し内装が見飽きた時など是非ともシートのカスタムをしてみてください。

シートを張り替えると新しい気持ちでその車と向き合えますし一層愛着がわいてくるのがわかります。

スバルXVの内装のカスタムのまとめ


スバルXVは非常に人気車種のためカスタムパーツも豊富にそろっています。

自分だけのオリジナルな空間で運転できれば車への愛着も一層わくものですし、次のカスタムを考えているのはとても楽しいものです。

内装だけを見てもこれだけ種類がありますから可能性は無限にありますよね!

今回はインパネとシートについて紹介しましたので、その他の内装のカスタムについては別途ご紹介します。

以上、スバルXVの内装のカスタムについてでした。最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました