スバルXVのマイナーチェンジはいつ行われた?旧モデルとの違いを改めて確認!

XV 新型
この記事は約7分で読めます。
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが新しい第一歩です!

ディーラーでは30万円の下取りだったのが、
買取業者だとなんと80万円になった!
なんてことも結構あります。

一括査定サイトを使うと、
何社もの大手下取り会社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれます。

ですので、結果的に値段が吊り上がるわけです!

スバルXVのマイナーチェンジについて紹介します。

大幅な更新で非常に注目されるモデルチェンジと比べるとマイナーチェンジは若干地味になってしまうのは否めません。

しかし、そんなに大幅な更新を頻繁に行うわけにもいきません。

そういう意味では、マイナーチェンジで少しづつ進歩していくのも重要ですよね。

さて、スバルXVは過去にどんなマイナーチェンジがされたのでしょうか?

また、今後どんなマイナーチェンジがされるのでしょうか?

早速調査してみました!

スポンサーリンク

スバルXVのマイナーチェンジ/モデルチェンジはいつ行われた?

まずはじめにスバルXVのマイナーチェンジがいつ行われたかその歴史をたどっていきたいと思います。

初代XV

スバルXVの歴史は2010年6月に3代目インプレッサ5ドアが初代XVとしてインプレッサXVの車名で発売されたのが始まりです。

しかし初代XVは翌年の2011年10月に生産が終了してしまいました。

その後は在庫対応分だけの販売を行いましたが翌年の2012年2月には在庫が全て売切れ販売が終了になりました。

2代目XV

初代XVの販売終了から2年後に2代目XVが2012年9月に発表され10月にフルモデルチェンジされ発売されました。

こちらはインプレッサスポーツをベースにしていて発表を待っていたユーザーたちが多くとても人気で好調に売れたそうです。

初代XVと外観は同じでしたがサイドクラッディングをボディの周囲に装着し個性的なデザインのアルミホイールでSUVの魅力を大幅に強めたのが2代目XVです。

2013年6月には最初のマイナーチェンジとしてハイブリッドモデル「XV HYBRID」が販売開始されました。

そして、同年の10月29日のマイナーチェンジではガソリン車のXVが一部改良され11月12日に販売が開始されました。

翌年2014年11月25日にもマイナーチェンジが行われガソリン車の特別仕様車「POP STAR」が発表され1か月後の12月25日に販売開始されました。

その後2015年10月にマイナーチェンジが発表され同時に「We are XV」のキャッチフレーズにて販売が開始されました。

すると2017年1月22日には次期型への移行に伴いそれまでのXV車の注文受付を終了しその後は在庫のみで対応する事になりました。

3代目XV

株式会社SUBARUへの社名変更後初の新型モデルが2017年3月7日にスバルが毎年年次改良を行い新技術を出しみなく投入し大幅なアップデートも施しフルモデルチェンジした3代目となる新型XVが発表され次の日には先行予約が開始され5月に販売が開始されました。

そして去年5月24日に発売されてから約1年でクロスオーバーSUV『XV』のマイナーチェンジした改良モデルを今年の10月11日に発表し「e-BOXER」を搭載した新グレード「アドバンス」を10月19日より販売を開始されました。

スバルXV車は2010年発売モデルから何度もマイナーチェンジでの改良を積み重ねる事で安全性に優れたXV車を販売してきたと言えるでしょう。

スポンサーリンク

スバルXVのマイナーチェンジで何が変わった?年代毎の違いを確認!

スバルXVはモデルチェンジと何回ものマイナーチェンジによりより優れた走行性と安全性に取り組んできたと思います。

ここでは今までどのようなマイナーチェンジがされてきたのかを紹介していきますね!

初代XV

2010年に3代目インプレッサをベースにしてインプレッサXVとして誕生したのが初代XVでした。

売れ行きが伸びずマイナーチェンジも行われずに販売終了となってしまいました。

2代目XV

2代目XVは2012年10月に発表されました。

2代目XVは4代目インプレッサスポーツをベースにしています。

最初のマイナーバージョンが行われたのは2013年にです。

前後サスペンションのダンパー減衰力を最適化にし遮音材を強化しエンジン作動音を低減して室内の静粛性を向上させステアリング周りのデザインも変更しました。

また2リッタクラスに標準装備されている8ウェイパワーシートを助手席にも装備し電動パワーステアリングの制振性能を向上させるなど改良されました。

そして、2014年にノーマルエンジンとハイブリッドの両方の改良しバージョン3に進化させショックアブソーバーやスプリングも改良しボディの補強しマイナーチェンジが行われました。

走行の安定性の向上に加えスポーティ感覚を強めたりウインドウの構造を変え静粛性を改善しさまざまな機能を高めました。

2015年にもマイナーチェンジを行いアドバンスドセイフティパッケージをオプションにし後方の並走車両を検知する機能を採用しサイド&カーテンエアバッグを標準装着する事で安全性能を大幅に引き上げました。

3代目XV

2017年4月に3代目新型XVの販売を発表され翌5月24日に販売が開始しました。

3代目は2.0Lと1.6Lのガソリン車が追加されましたがほとんど2代目と同じだが歩行者検知式自動ブレーキを含む先進予防安全装備のアイサイトver.3にサイド&カーテンエアバッグ類など合計7つの乗員保護用エアバッグを全車に標準装備されました。

そして今年の2018年10月11日にマイナーチェンジした新グレード「アドバンス」を発表し10月19日より販売を開始しました。

スバル独自の2リッター直噴自然吸気水平対向エンジン+電気モーターのe-BOXERが搭載されスムーズで加速感に高い走破性で日常の走りにゆとりや安心感が提供されています。

内外装には先進性なブルー内装や瑞々しく透明感のあるブルーを表現したボディカラー「ラグーンブルー・パール」を新しく取り入れています。

XVの総合安全性能を一層高め乗る人すべてに最高の安心と愉しさを提供することを目指して開発されています。

今後もスバルXVは進化を続け開発姿勢を忘れず常に最良のXVを目指してマイナーチェンジをしていくことが期待できますよね。

スポンサーリンク

スバルXVの2018年のマイナーチェンジの内容は?

一昨年2017年5月に現代の3代目XVにモデルチェンジされてから1年5か月で2019年モデルとして初めてマイナーチェンジが行われます。

その2019年モデルが2018年10月11日にスバルから発表されました。

今回はクロスオーバーSUVの改良モデルとして10月19日から販売が開始されました。

ここではせっかくなのでその特徴について紹介していきますね!

新グレード「アドバンス」の追加

2019年モデルでは「e-BOXER」を搭載された新グレード「アドバンス」が登場しました。

e-BOXERでは水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた新開発のパワーユニットにより効率を高めた2リットル直噴エンジンとコンパクトで高性能なモーターにバッテリーをシンメトリカルAWDレイアウトに合わせ優れた重量バランスと低重心で安全な走行が出来るようにされています。

各部の最適化と燃費の向上したリニアトロニックを合わせて軽快な走りにする事で加速やブレーキの質にもこだわった市街地などで走行しやすいようにしています。

またアドバンス専用の装備としてボディカラー「ラグーンブルー・パール」が新たに追加になりました。

「ラグーンブルー・パール」では先進性で特別感のあるブルーを内装にして、外装にはとても透明感があるブルーが表現されています。

オプション→標準装備に変更

元々はメーカーオプションだった後退時自動ブレーキシステムが標準装備になりました。

※一部グレードを除く

また、視角拡張のためにアイサイトセイフティプラスにサイドビューモニター機能を追加して安全性能をより高めています。

トリプル・バッテリー

普通はモーターを動かす駆動用にニッケル水素かリチウムイオンのどちらかを使用し電装系やシステム起動用に鉛バッテリーを使用して2つのバッテリーを積んでいます。

スバルXVハイブリッドはさらにもうひとつバッテリーを積みトリプル・バッテリーを採用し3個のバッテリーを積んでいます。

トリプルバッテリーでは駆動用のニッケル水素電池をラゲッジルームにコンパクトに床下に納めフロントフードエンジンルームには2個の鉛バッテリーが左右に分かれて置かれています。

鉛バッテリーの1つは電装系やシステム起動用でガソリンエンジン車にも搭載されているバッテリーと同じ働きをします。

駆動用ニッケル水素バッテリーと電装系用の鉛バッテリーは四輪から減速エネルギーを回収する事で回生ブレーキにて充電していますがISG用バッテリーではISGのジェネレータ機能で充電しています。

2系統に分かれていますが電装系用バッテリーが弱くなるとISG用バッテリーから電力を供給しバックアップを意識したシステムにしています。

2018年の今年スバルXVのマイナーチェンジをする事により今まで以上に色々な面に気配りされ走行性・安全性に優れた内容に改良されました。

スバルXVのマイナーチェンジのまとめ


スバルXVのマイナーチェンジについてはいかがだったでしょうか?

今回は

  • マイナーチェンジの時期
  • 過去のマイナーチェンジの内容
  • 直近のマイナーチェンジの内容

について紹介しました。

XVは2010年に販売されてからすでに2回も大幅なモデルチェンジがされています。

それだけにあまりマイナーチェンジについては目立たないようにも感じますが、実はそんなことはないんですね。

2018年にも2019年モデルとしてマイナーチェンジされていますし、今後もXVはどんどん改良されていくんでしょうね!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました