XVのカスタムパーツ(内装)で一見地味なのに効果絶大のアイテムとは?

XV カスタム
この記事は約7分で読めます。
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが新しい第一歩です!

ディーラーでは30万円の下取りだったのが、
買取業者だとなんと80万円になった!
なんてことも結構あります。

一括査定サイトを使うと、
何社もの大手下取り会社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれます。

ですので、結果的に値段が吊り上がるわけです!

XVの内装のカスタムパーツの紹介です。

以前はXVのインパネとシートのカスタムパーツについて紹介しました。

今回は、

  • ダッシュマット・カーマット
  • アクセルペダル・ブレーキペダル
  • ステアリング

について紹介していきますね!

スポンサーリンク

スバルXVの内装のダッシュマット・カーマットのカスタムパーツでおススメは?

手軽にスバルXVのカスタムができる部分としてはこのダッシュマットとカーマットが最適ではないでしょうか。

一部加工が必要な箇所がある場合もありますが基本的には敷くだけと非常にお手軽です。

ただ敷くだけをカスタムとは言わないなんて仰る方もいるのかもしれませんがこれでも立派なカスタムです。

なぜならダッシュマットを変えただけで車内の雰囲気は変わりますし、運転中に視界を下に少しずらすとお気に入りのマットでふかふかの感触が靴を履いていても伝わってくるんです。

ダッシュマット一つで気分も新たに楽しく運転できるってことはかなり大きいですよね!

それでは早速ダッシュマットとカーマットのおススメを紹介していきましょう!!

フロアーカーペット(XV)(オレンジ・ブルー)

純正部品です。

サイドステッチはオレンジとブルーの二色からえらべます。

XVのロゴマークがワンポイントで施されており控えめながら非常にセンスの良さをかんじます。

アクセルやブレーキペダルから足元が滑る事故を防ぐためにペダルパット付いているので安全性にも配慮しています。

Shevron社スバルXV専用ダッシュボードカバー(ブラック)

オーストラリアのshevron(シェブロン)社の製品です。

立体成型なので起伏のあるXVのダッシュボードに収まりが良いです。

保護用カバーとしても優秀でダッシュボードを紫外線から守ってくれますし、夏場のダッシュボードの温度上昇を抑えてくれる効果も高いです。

Autowear(オートウェア)ダブルマット

二重構造になっている中々他では見ることが出来ないカーマットです。

二重構造にすることで靴底の汚れや社内のホコリなどが下のマットにたまります。

一度下のマットにたまった汚れは構造上外に出ずらい作りになっているので車内をいつでも清潔に保つことができます。

水を吸収しないEVA素材でできているためにマットを洗ってもすぐに乾くのも魅力のひとつです。

機能面だけでなくマットの一層目に規則正しく並んだ模様非常に美しく車内に高級感をもたらしてくれます。

FJ CRAFT フロアマット(ラバータイプ)

全12色のオーバーロックとステッチを購入する際に選んで自分だけのオリジナルカーシートがつくれます。

素材はラバータイプにですので冬場のぬかるみで足元がどうしても汚れてしまいがちな雪国の方には非常におススメです。

また小さなお子様がいらっしゃるご家庭でもシートを簡単に丸洗いできるので重宝します。

XVのダッシュマット、カーマットのカスタムパーツのまとめ

ダッシュマットとカーマットのカスタムパーツを紹介させていただきました。

ダッシュマットに関してはそれほど多くが発売されている訳では無いですが、カーマットに関しては非常に多くの種類が発売されています。

素材やカラーリングなど多岐にわたりますがきっとあなた好みの一枚が見つかるとおもいます。

また、カスタム初心者の方でどこから手を付けたらいいか迷っておられる方などはカーマットから変えてみるのはいかがですか?

取り付けも簡単で車内の雰囲気も変わりますのでかなりおススメですよ!

スポンサーリンク

スバルXVの内装のアクセルペダル・ブレーキペダルのカスタムパーツでおすすめなのは?

スバルXVのカスタムをしている方でアクセルペダル・ブレーキペダルのカスタムをされている方は決して多くはないとおもいます。

社外からも車内からも見えずらい場所ですしマニアックな場所というイメージは確かにありますよね。

ただし実際にカスタムしてみるとこのイメージが大きく変わるのではないでしょうか。

今回はちょっとマニアックなイメージのあるアクセルペダル・ブレーキペダルのおススメパーツについて紹介していきます。

STIペダルパットセット

純正部品です。

アクセルペダル・ブレーキペダル・フットペダルの三点セットになります。

ます三つのペダルが同じ形状をしているので非常に統一感があります。

滑り止め防止にノンスリップシートとラバーパットがすべてに配置されているため濡れた足元での運転中にアクセルやブレーキの滑りが無く安全性に配慮されています。

プロトNEOPLOTアクセルペダル

運転席から若干遠かったアクセルまでの距離がこのペダルで修正され違和感なく運転できるようになります。

その操作性能の向上は長距離運転や高速道路の運転中などであらわれ、運転が非常に楽になったと感じることができます。

アルミの削り出しによって作られたこのペダルは表面加工から裏面まで完全に作りこまれた完成度の高いカスタムペダルとなっています。

クスコスポーツアクセルペダル

鏡面仕上げに加工したステンレス製です。

光沢が美しいスタイリッシュな外観でペダルの下部が広がった形状でスポーツドライビングに適しています。

設置方法はボルトで固定する簡単な方法ですが金属で挟み込むために安定した設置が可能です。

設置方法が簡単なので初心者の方でも安心して取り付けられます。

プロト Brakepedal Neo

横に長く凹凸のある面形状のブレーキパットはコントロールがしやすく足裏の絶妙なフィーリングを可能にしました。

純正ペダルの上から装着するタイではなくペダルパットを取り外してから取り換えるため走行時のガタつきが発生しない作りになっています。

ブレーキパットに当たる足の裏の設置角度にまでこだわって運転性能と安全性能を追及したハイクラスモデルです。

XVのアクセルペダル、ブレーキペダルのカスタムパーツのまとめ

こうして見てみるとアクセルペダルやブレーキペダルのカスタムは内装の一部としての見た目以上に、運転の安全性能の向上に必要なカスタムだということがわかります。

特に毎日の通勤で車を使う方や運転そのものが仕事の方など、日常的に運転するという方にはおススメのカスタムだといえますね!

スポンサーリンク

スバルXVの内装のステアリングのカスタムパーツでおススメなのは?

ステアリングのカスタムをするメリットはノーマルステアリングよりも自分の手になじむ素材や大きさを選べる所にあります。

それによって運転中の姿勢を自分の好みにかえることができます。

またステアリングをカスタムすることによって車内の内装の雰囲気を変えることもできます。

運転席に入ってまず目にする部分はステアリングです。

インテリアパーツとしても決しておろそかにできない場所といえます。

そんなステアリングのカスタムパーツのおススメを紹介させていただきます。

KENSTYLE SUBARU A-TYPE

ステアリングの握る部分が一般的な丸形ではなく立体的な形状をしておりそれにより運転時のグリップ力が向上しています。

素材は天然の本革を使用しておりグリップ箇所は通気性の良いパンチング処理を施す事により蒸れにくく非常に手触りの良い高級感をだしています。

レーシングカーなどによくみられるDシェイプデザインを採用しているためハンドルの下部が水平になっています。

これにより車の乗り降りも楽になっています。

すべてにおいてこだわりぬいたカスタムステアリングの最高傑作の一つと言えるでしょう。

BONFORM(ボンフォーム)ハンドルカバーエクスペリエンスSサイズ

ハンドルに上から装着するカバータイプのカスタムパーツです。

自分で手軽にカスタムできるのが最大の魅力です。

やや小さな外径は小回りがきく運転に適しています。

グリップ自体は太く表面素材はポリエステルと合皮なので滑りにくく手になじむ感触もあります。

表面はメッシュ加工されているので網の目状のステアリングは車内をドレスアップしてくれます。

Refinadハンドルカバー

カスタムシートで有名なRefinard(リフィナード)のカバータイプのステアリングパーツです。

シートカスタムのノウハウを生かしたステッチをブラックとホワイトの二色から選べます。

ステアリング上部のカーボン調デザイン、四方向に延びるメタリックラインと細かい部分にセンスの良いデザインが施されている辺りは流石カスタムシートメーカーといったところです。

どんな内装にもマッチする都会的なデザインです。

XVのステアリングのカスタムパーツのまとめ

スバルXVのカスタムステアリング商品は非常に多く販売しているため自分の好みに合うものは必ず見つかると思います。

ステアリングを基準にして内装全体をレイアウト出来れば車内の雰囲気は統一されてワンランク上の内装になりますね!

スバルXVの内装のカスタムパーツのまとめ

今回は、XVのダッシュマット・カーマット、アクセルペダル・ブレーキペダル、ステアリングのカスタムについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

純正部品はもちろんのこと、パーツメーカーのパーツによってXVの車内の雰囲気が大きく様変わりすることが確認できましたよね!

もちろん、今回紹介した以外にもXVの内装のカスタムパーツはあります。

まずは取付けの簡単なものから始めるのがよいのではないでしょうか。

以上、スバルXVの内装のカスタムパーツ(続編)でした。最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました