下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが新しい第一歩です!

ディーラーでは30万円の下取りだったのが、
買取業者だとなんと80万円になった!
なんてことも結構あります。

一括査定サイトを使うと、
何社もの大手下取り会社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれます。

ですので、結果的に値段が吊り上がるわけです!

トヨタのSUV・C-HRの最新の口コミを紹介します!

C-HRといえば、発売当初はHONDA VEZELの独壇場だったコンパクトSUVのカテゴリーに風穴を開けるほどの人気でしたよね!

実際にC-HRの評判はどうなんでしょうか?

今回は

  • 外観デザイン
  • 内装
  • 性能

の3種類を中心にC-HRの口コミの最新情報を纏めてみました!

スポンサーリンク

C-HRの口コミ最新情報「外観デザイン」編

引用:https://toyota.jp/c-hr/

まずはC-HRの「外観デザイン」の口コミから紹介していきましょう!

C-HRの外観といえば近年のTOYOTAには無いデザインが特徴的です。

しかし、実際のC-HRの外観の評判はどうなんでしょうか?

ポジティブな声

まずはC-HRの外観に対するポジティブな声から紹介しますね!

  • オヤジ心をくすぐるスタイリッシュなデザイン
  • 後部のデザインは一目でC-HRとわかる
  • 一見して4ドアとは見えないデザイン
  • 重厚感のある雰囲気
  • ノーマルでも、エアロパーツを装着してもかっこいい
  • 横から見たデザインは異次元
  • シーケンシャルウィンカーの視認性が良くておしゃれ
  • 大径ホイールと側面のデザインがマッチしていて近未来感を感じる
  • 後ろからのスタイリングが抜群
  • テールランプが立体的で面白い
  • デザインと合うカスタムパーツが豊富にそろっている

ここまで見ると
C-HRの外観デザインは大当たり!
とも読めますよね。

ネガティブな声

ポジティブな声の一方で残念ながらこんな声もあります。

  • フロントマスクのデザインに慣れない
  • 爬虫類や虫を思わせるデザインで好きになれない
  • 後部ドアの開け方がわからない
  • 後方視界が悪いのでバックモニターが必須になる

こちらは
C-HRのデザインが斬新過ぎてついていけない…
といった感じでしょうかね。

その他の声

せっかくなので、ポジティブともネガティブとも取れる「ニュートラル」な声も確認してみましょう!

  • 後方の視界を犠牲にしてもデザインにこだわっている
  • 後部ドアノブがデザインとマッチしすぎてどこにあるのかわからなくなる
  • ハリアーとプリウスを足して2で割った雰囲気がある

最後の「ハリアー+プリウス÷2のデザイン」はともかく、やはりC-HRのデザインが独特、という声は非常に多いですね。

C-HRの「外観デザイン」の最新口コミの総評は?

外観デザインに関しては賛否両論であり、好きと嫌いの両極端に分かれていましたね。

これはC-HRの開発をする際にターゲット層をかなり絞り込んだとも言えるでしょう。

C-HRのジャンルはSUVです。

ですので、それだけコアをターゲットを集めたとも言えます。

実際にC-HRの外観デザインを気に入っているコメントは結構多かったですよね!

また一方でC-HRの外観デザインは完成していて、カスタムの必要は特に感じないというコメントもいくつか確認できました。

これはある意味開発者の狙い通りとなっているともいえるでしょう。

一方で実用的な面のコメントとして、後方視界の悪さを指摘する声が非常に多かったんですよね。

逆に言えばC-HRの外観はある程度実用面を犠牲にしてでもデザインにこだわって開発しているとも言えるわけですね。

スポンサーリンク

C-HRの口コミ最新情報「車内・内装」編

引用:https://toyota.jp/c-hr/

外観デザインに引き続き、今度はC-HRの「車内・内装」の口コミを見てみましょう。

C-HRといえば、運転席を包み込むようなデザインが特徴的です。

このC-HRの内装デザインに対しての実際の声はどうなんでしょうか?

ポジティブな声

まずはポジティブな声から見てみましょう。

  • 運転席がかなりコックピット感を出している
  • タッチの良い本革ステアリングハンドルが設定されている
  • 派手さはないものの飽きの来ないデザイン
  • ハリアーと同等の質感

C-HRの運転席がカッコいい、という声が結構多いですよね!

ネガティブな声

続いてネガティブな声です。

  • 小物入れが少なく、収納面積も少ないため、収納に困る
  • 収納用品を追加しようにも追加するスペースがない
  • 後部座席の閉じ込められた感が強い
  • アクセサリーソケットがコンソールボックス内にあるので後付けアクセサリーが使いづらい
  • シートは質素で狭い
  • 内装色が2色と選択肢が少ない
  • 内装の質感が安っぽい
  • 後部座席に体を支える装備がない
  • 後部座席が圧迫感が強いので普段遣いができない

こちらは

  • 後部座席が使いづらい
  • 収納が少ない

という声が結構ありました。

また、その他にも若干の物足りなさを感じる意見もありました。

ニュートラルな声

こちらはニュートラルな声です。

  • 実用性よりデザイン優先が優先されている
  • 運転席は絞り込み感のあるデザインのため、圧迫感を感じることがある
  • 後部座席は見た目閉塞感を感じるが、乗ってしまえばそれほどでもない

こちらはC-HRの内装の特徴をうまくまとめた感じの意見となっていますね。

C-HRの「車内・内容」の最新口コミの総評は?

内装の口コミを見ると、C-HRはデザインを優先するあまりに実用性がおいていかれてしまった感があります。

しかし、裏を返すと、C-HRはデザインにとことんこだわったとも読み取れます。

そういう意味ではC-HRは「デザイン」を売りにしている珍しいカテゴリーの車なのかもしれません。

また、これだけ声が多いということはその裏返しとしてC-HRの内装の実用性を高めたいという欲求が非常に高いということになります。

つまりC-HRと長く付き合うコツとして、いかにして内装の実用性を上げるカスタムパーツを装着していくのか、というのも鍵の一つになりそうですね!

スポンサーリンク

C-HRの口コミ最新情報「走行性能」編

引用:https://toyota.jp/c-hr/

最後にC-HRの「走行性能」の口コミを集めてみました。

やはりSUVなら走行性能も外せない要素の一つですよね!

ちなみに走行性能の基本は

  • はしる
  • まがる
  • とまる

の3拍子です。

C-HRはどのような口コミ評価があったのでしょうか。

ポジティブな声

  • 高速での安定性が良く、気持ちよく走ることができた
  • マニュアル仕様がなくても満足できる乗り味
  • 直線の速さはターボ仕様よりハイブリッドの方が上
  • 比較的スポーティな乗り心地を感じることができる
  • ハンドリングは競合車よりいい
  • 今まで乗ってきた中で一番走りが気持ちいい
  • しっかりとした足腰の強さを感じる
  • ブレーキも強く滑らか、回生も違和感がなくキレイに減速してくれる
  • 高速や峠道のハンドリングの安定性が素晴らしい

ネガティブな声

  • デザインのイメージに対して、走行性能が今一つ
  • 燃費が良い代わりにパワー不足を感じてしまい、もう少し馬力・トルク感が欲しい
  • 高速道路など、急加速が必要なシーンではパワー不足を感じる
  • 加速にパンチがない

ニュートラルな声

  • プリウスがベースなのでどうしてもプリウス感が出てくる
  • 運転していてもふつう
  • 停車からのスタートは一瞬の遅れが出るが普段の運転では気にならない程度
  • 出足は少し遅いが、街乗りでは十分

C-HRの「走行性能」の最新口コミの総評は?

全体の雰囲気として、ポジティブ、ネガティブの評価がかなり分かれていますよね。

ポジティブな意見をまとめると一般的なSUVにある

  • 重いから曲がらない
  • 重いから走らない

などのネガティブイメージがいい意味で裏切られたという声でした。

一方のネガティブな意見では初めの期待値が高すぎたという声が多いようですね。

C-HRの口コミ最新情報まとめ


C-HRの最新情報の口コミについてはいかがだったでしょうか?

C-HRは強い拘りを持ったデザインだということが改めて確認できましたよね!

「斬新過ぎるデザイン」には賛否両論といったところでしょうが、コアなユーザーを取り込めたという意味ではC-HRのデザインは成功だったとも言えるでしょう。

一方の走行性能についても既存のSUVとは一味違うようでこちらも新規にC-HRのファンを増やす理由の一つかもしれませんね!

以上、C-HRの「デザイン」「性能」に対する最新の口コミ情報でした。

最後までご覧いただきありがとうございました!

新型C-HRがほしい!

C-HRって良いですよね!

SUVは内装、外装共に
カッコいい
の代名詞です。

C-HRのそんなSUVの中でも発売当初から常にトップを維持し続けています。

やはり、
センシュアル スピード-クロス
のキーワードは伊達ではありません!

でも、いざ買うとなると…

  • 「やっぱり高いなぁ…」
  • 「頭金もない…」
  • 「値引き交渉がしんどいなぁ…」
  • 「ディーラー回りはやだなぁ…」

などなど、とにかく悩みがつきないんですよね…。

でも、この悩み、誰も相談できる人がいません。

C-HRの情報をネットで調べても、
車好きの友人に聞いても、
結局わかるのは車の性能くらいです。

家族に相談しても
結局言われる一言が
「今の車でいいじゃん」

違う、そうじゃないんだよっ!!(怒)

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが新しい第一歩です!

ディーラーでは30万円の下取りだったのが、
買取業者だとなんと80万円になった!
なんてことも結構あります。

一括査定サイトを使うと、
何社もの大手下取り会社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれます。

ですので、結果的に値段が吊り上がるわけです!