下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが新しい第一歩です!

ディーラーでは30万円の下取りだったのが、
買取業者だとなんと80万円になった!
なんてことも結構あります。

一括査定サイトを使うと、
何社もの大手下取り会社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれます。

ですので、結果的に値段が吊り上がるわけです!

C-HRの納期の最新情報を紹介します。

C-HRといえば、トヨタが誇る人気No.1のSUV車ですよね。

それだけに販売当初は「品薄」状態が続いていたようなのですが、現在はどうなのでしょうか?

今回はせっかくなので、通常よりも早く納車できる裏技も紹介していきますね!

スポンサーリンク

C-HRの納期の最新情報!発売当初と比べてどれだけ変わった?

引用:https://toyota.jp/c-hr/

それではC-HRの納期について、発売当初と現在について確認してみましょう!

発売当初の納期は半年待ちだった!?

発売当初、C-HRの目標受注台数は6,000台でした。

にも関わらず、1ヶ月が経過した時点で受注台数は何と約48,000台を超えていました。

当然、膨大なバックオーダーが溜まってしまい、一時期は納期が半年程度かかることもあったとか。

ここ最近では新型クラウンが目標受注台数の4,500台に対して、1ヶ月でその7倍となる30000台を達成して話題になっています。

実はC-HRも発売当初は新型クラウンを上回る売れ行きだったということですね!

ちなみにC-HRのモデルには、ハイブリッドモデルとターボモデルがありますが、人気が高いのはやはりハイブリッドモデルのほうです。

受注台数の内訳としても約48,000台の内、ハイブリッドモデルが約37,000台、ターボ車が約11,000台となっていました。

これはC-HRでも燃費に関心のある方が多かったため、ハイブリッドモデルの受注台数が多かったということが考えられます。

実際に燃費に関していえばハイブリッドモデルは30.2km/L、ターボモデルは15.4〜16.4km/Lです。

ハイブリッドモデルのほうがターボモデルよりも倍近く優れていますよね。

それにアイドリングストップも搭載されているならまさに鬼に金棒といったところでしょうか。

トヨタ自身もC-HRはデザイン、走行性能、燃費性能の3つの点において、顧客の評価が高いとコメントしています。

現在の納期はどうなった?

発売当初は半年待ちだったC-HR納期ですが、現在はようやく落ち着いてきました。

ちなみに2018年8月現在では1ヶ月〜2ヶ月程度になっています。

具体的には、

  • ディーラーで注文してから工場出荷までが1ヶ月
  • 工場から出荷されてディーラーに到着するまでが数日
  • ディーラーで登録作業やディーラーオプション品の取付などを済ませるのに数日

と言った内訳となります。

結果として発注から納期までがトータル1ヶ月〜2ヶ月程度というわけですね。

ただし、これはあくまでも目安です。

残念ながら想定外の事態が起こってしまうこともあります。

例えば

  • 大量受注、自然災害による生産・出荷の遅れ
  • ディーラー側のオーダーミスや登録手続きのミス
  • 発注時の書類の不備など

といった様々な理由で納期が遅れる場合もやはりありえるわけです。

スポンサーリンク

購入したC-HRの納期の最新情報はどこで確認できる?

引用:https://toyota.jp/c-hr/

それではここでは仮にC-HRを購入したとして、いつ納車されるかを知る方法について紹介します。

やはり、C-HRの納期が一般的に1ヶ月~2ヶ月と言っても、実際にいつから乗れるようになるのかは非常に気になるところですよね!

トヨタの公式ホームページで確認

やはり一番確実なのがトヨタの公式ホームページで納期を確認することでしょう。

実はC-HRに限らず、トヨタの公式ホームページでは自分の購入した車の工場出荷時期の目処を確認することができます。

具体的には公式ホームページのラインナップページから車種を選択し、「工場出荷時期目処のご案内」クリックします。

すると工場から出荷される時期が確認できるわけです。

ちなみに工場から出荷された後にすぐに手元に届くわけではありません。

工場から出荷されてからは

  • ディーラーへ輸送
  • ディーラーでオプションを取り付け

などの作業が実施されます。

そうしてやっと納車となるわけです。

ところで2018年8月現在ではC-HRの工場出荷時期は1ヶ月以内となっています。

ですので早ければ購入から1ヶ月程度で納車される可能性もあります。

ところで先程トヨタの公式サイトでC-HRを含むトヨタの全車種の出荷情報を確認できる、という話をしました。

しかし、実は中には出荷情報を掲載していない場合があります。

それは発注状況(過多・過小など)によって工場での生産調整が行われている関係からそうなってしまうわけです。

また、工場から出荷してから納車までの時間がかかることもあります。

具体的にはディーラーオプションの種類によっても納期が変動します。

また、ビジネスカーや福祉車両などの特殊な車両については、通常よりも時間がかかる場合もあるようですね。

ディーラーに確認する

ちなみに購入したC-HRの納期についてはディーラーに聞けば教えてくれることもあります。

実はディーラーでもある程度の納期は確認することができます。

ちなみにディーラーに確認した場合は以下の4つの状態のどれなのかを教えてくれます。

  • 生産待ち
  • 生産中
  • 検査中
  • 輸送中

生産待ちの場合は、自分の生産の前に何台待っているのかまで確認することができます。

ただし「生産待ち」とだけ聞かされると「まだ生産もされていないのか・・・」と寂しい気持ちになってしまいますよね。

ですので具体的に何台待ちになっているかも確認することができます。

この点は購入者としてはありがたい情報ですよね。

ちなみにディーラーでは、ナンバーの取得まで完了すると、おおよその納期が分かるとも言われています。

ですので、購入からある程度時間が経てばディーラーに聞いてしまう、というのも手かもしれません。

スポンサーリンク

C-HRの納期を早める方法の最新情報を紹介!

引用:https://toyota.jp/c-hr/

それでは最後にC-HRの納期を早める方法についていくつか紹介していきましょう。

中には「なぁーんだ、そういうことか(汗」と感じる方法もあります。

しかし、特に強い拘りがない部分であればC-HRをより早く乗るために検討してみるとよいかと思います。

ガソリンモデルを選択する

C-HRにはハイブリッドモデルとターボモデル(ガソリンモデル)があります。

発売当初からハイブリッドモデルのほうが人気が高く、これは現在も同様です。

ですので、ハイブリッドモデルはどうしても納期が長くなる傾向にあります。

また、ハイブリッドモデルで使用するバッテリーの生産が追いつかないというのも理由の一つです。

結果、口コミ等を見るとターボモデルに比べてハイブリッドモデルはおおよそ1ヶ月程度納期が長くなっているようです。

ですのでもしハイブリッドに拘りがなく、少しでも早くC-HRを納品してもらいたいということであれば、ターボモデル(ガソリンモデル)を選択するのも一つの手でしょう。

キャンセル車を回してもらう

ディーラー曰く、CH-Rに限らず、100人に一人はキャンセルが発生する、とのことです。

売れれば売れるほどキャンセル車も多くなることになり、C-HRの発注台数を踏まえると、かなりの数のキャンセル車が存在している(今後存在する)と推測できます。

キャンセル車を購入するためには、予めディーラーにキャンセル車が出れば契約してもよい、と伝えておく必要があります。

キャンセル車ですので納期が早いというのはもちろんですが、値引きについても期待ができるというメリットがあります。

一方、デメリットとしては、ボディカラー、オプション、グレードを選択できないことがあります。

運良く自分の希望のキャンセル車が出てくれば、一番良い選択になるかもしれません。

メーカー在庫車・未使用車を購入する

キャンセル車と類似しますが、メーカー在庫車を購入するというのも納期を短縮するための有効な手段です。

在庫車とは、売れ残りの車両やキャンセル車両のほか、ディーラーが工場に見込みで注文し、ストックしている車両のことを指します。

在庫車は車両がすでにディーラーにあるため、登録などの手続きとディーラーオプション品の取付などを済ませれば納車が可能となります。

通常の納車期間よりも遥かに短く、1週間~10日ほどで納車が可能です。

次に未使用車についてですが、こちらはディーラーが見掛け上の販売台数を上乗せするために車両を購入し、登録を済ませたものになります。

未使用車はすでに登録済みのため、在庫車よりも更に納期が早まる可能性が高くなります。

こちらもキャンセル車と同様、少しでも早くC-HRを手に入れたいなら「在庫車でいいから納期の早いやつにしてくれ。」と営業マンにお願いしてみましょう。

ディーラーとしてもできれば在庫車から売りさばきたいので積極的に案内してくれるでしょう。

ただし、前項のキャンセル車と同様、グレードやカラーが限定されてしまうというのがデメリットになります。

発注時は十分に注意しましょう。

C-HRの納期の最新情報のまとめ


C-HRの納期についてはいかがだったでしょうか?

やはり、C-HRは人気車であるが故に納期が長くなってしまうのは致し方ないようです。

しかし、発売当初の半年待ちという状況は改善されており、今は購入から1,2ヶ月で乗れるようになりました。

それだけに楽しみに待つというのが無難かもしれません。

ただし、「どうしても待てない!」ということであれば、

  • キャンセル車
  • メーカー在庫車・未使用車

を狙っていけば通常の納期よりもはるかに早くC-HRに乗れるようになります。

こちらは最終手段として抑えておけばよいのではないでしょうか?

以上、C-HRの納期についてでした。

最後までご覧いただきありがとうございました!

新型C-HRがほしい!

C-HRって良いですよね!

SUVは内装、外装共に
カッコいい
の代名詞です。

C-HRのそんなSUVの中でも発売当初から常にトップを維持し続けています。

やはり、
センシュアル スピード-クロス
のキーワードは伊達ではありません!

でも、いざ買うとなると…

  • 「やっぱり高いなぁ…」
  • 「頭金もない…」
  • 「値引き交渉がしんどいなぁ…」
  • 「ディーラー回りはやだなぁ…」

などなど、とにかく悩みがつきないんですよね…。

でも、この悩み、誰も相談できる人がいません。

C-HRの情報をネットで調べても、
車好きの友人に聞いても、
結局わかるのは車の性能くらいです。

家族に相談しても
結局言われる一言が
「今の車でいいじゃん」

違う、そうじゃないんだよっ!!(怒)

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが新しい第一歩です!

ディーラーでは30万円の下取りだったのが、
買取業者だとなんと80万円になった!
なんてことも結構あります。

一括査定サイトを使うと、
何社もの大手下取り会社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれます。

ですので、結果的に値段が吊り上がるわけです!