下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが新しい第一歩です!

ディーラーでは30万円の下取りだったのが、
買取業者だとなんと80万円になった!
なんてことも結構あります。

一括査定サイトを使うと、
何社もの大手下取り会社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれます。

ですので、結果的に値段が吊り上がるわけです!

トヨタのC-HRの中古車の「相場」についての記事です。

今回は

  • 購入価格
  • 売却価格

の2点に触れた上で、なおかつ買取(下取り)時のポイントについても紹介していきますね!

スポンサーリンク

C-HRの中古車の購入価格の相場はどのくらい?色や年代でどれだけ違う?

インターネットや雑誌等を参考に、C-HRの一般的な中古車の購入価格を調査しました。

なお、ここに記載している情報はすべて2018年9月20日時点のものになります。

C-HRの中古車の購入価格の相場

年式やグレードを問わず、C-HR全体の中古車の購入価格は以下となっています。

2016年12月~ 生産モデル
平均価格:260.5万円
価格帯:179.9万円~399万円

年式ごとの台数の内訳は、2016年式が173台、2017年式が615台、2018年式以降が201台となっています。

C-HRの中古車は2017年式が広く出回っているということになります。

C-HRのボディーカラーごとの購入価格

次にボディカラーごとの購入価格を紹介します。

ここでは年式やグレード、オプションなどは考慮しておらず、ボディカラーのみで絞り込んだ価格になります。

ホワイト系
203.8〜396.5万円

ブラック系
183.9〜365.0万円

グレー系
200.0〜276.0万円

パール系
203.8〜396.5万円

シルバー系
204.8〜349.0万円

レッド系
212.0〜275.0万円

ブルー系
191.0〜277.9万円

グリーン系
195.0〜269.6万円

ブラウン系
200.0〜295.0万円

イエロー系
200.0〜338.0万円

オレンジ系
237.0万円 ※登録台数 1台のみ

ピンク系
298.0万円 ※登録台数 1台のみ

パープル系
225.0〜275.0万円

年式等を考慮していないため一概には評価できませんが、価格を見る限りではホワイト系、ブラック系、バール系、シルバー系、イエロー系が高価な設定となっているようです。

C-HRの年式ごとの購入価格

年式ごとの価格は以下の通りです。

こちらに関してはグレードやオプションなどは考慮しておらず、年式のみを条件に絞り込んだ価格になります。

2016年式
191.0〜328.0万円

2017年式
199.0〜399.0万円

2018年式
183.9〜397.0万円

当然のことながら2016年式が一番安価な設定となっています。

一方で2017年式と2018年式ではそれほど大きな差はないようですね。

スポンサーリンク

C-HRの中古車の売却価格の相場は?モデルと年代別に確認!

次にC-HRの一般的な中古車の売却価格を紹介します!

※こちらもすべて2018年9月25日時点のものとなりますのでご注意ください。

C-HRの中古車の売却価格の相場

グレードや年式、オプション等を考慮せず、C-HRの全体の買取価格は以下となっています。

平均売却価格 約215万円
最高売却価格 約270万円
最安売却価格 約160万円

発売から数年経ちましたが、まだまだ根強い人気があり、平均で200万円以上の売却価格となっています。程度が良いものでは270万円もの価格となることもあります。

年代別・モデル別の売却価格

C-HRの年代別およびモデル別の売却価格帯は以下の通りです。

2018年式
C-HR ハイブリッド 1.8 G
2018年(H30) / 0〜1万km /
234万円

C-HR 1.2 G-T
2018年(H30) / 0〜1万km /
263万円

C-HR ハイブリッド 1.8 G LED エディション
2018年(H30) / 0〜1万km /
218〜221万円

C-HR (ベースグレード)
2018年(H30) / 0〜1万km /
245〜270万円

2017年式
C-HR ハイブリッド 1.8 G
2017年(H29) / 0〜3万km / ブラック
180〜278万円

C-HR 1.2 G-T 4WD
2017年(H29) / 0〜2万km / ブラック
184〜202万円

C-HR ハイブリッド 1.8 S
2017年(H29) / 0〜1万km / ブラウン
248万円

2016年式
C-HR ハイブリッド 1.8 G
2016年(H28) / 0〜1万km /
191〜248万円

C-HR 1.2 G-T 4WD
2016年(H28) / 0〜1万km /
167〜194万円

C-HR ハイブリッド 1.8 S
2016年(H28) / 0〜1万km /
174〜175万円

2018年式、2017年式はまだ新しいため、概ね200万円を超えてくる価格となっています。

2016年式については、3年弱ほど経過していることもあり、価格としては200万を切るものも多くなってきているようですね。

スポンサーリンク

C-HRの中古車を高い価格で買い取ってもらうポイントは?

それでは次にC-HRの中古車買取のポイントについて紹介します。

このポイントを知っているか知らないかで買い取りに大きな差が出てしまうため、まさに必見の内容ですよ!

C-HRの買取価格の相場を知っておく

一般的に車を売却するときには、買取業者に査定を依頼し、買取価格が提示され、価格を承諾して売却、という流れになります。

このとき、提示された価格に対して交渉できるか否かで、買取価格が大きく変わってきます。

買取業者と交渉するためには、売却する車の相場を把握しておく必要があります。

相場を知らない状態では、提示された価格が高いのか安いのか判断できず、買取業者と交渉することが出来ません。

売却する車の年式、グレード、走行距離などを加味した相場を把握し、買取業者と効果的に交渉することで、高値を付けてもらえる可能性が高まります。

複数の買取業者に入札をかける

前述の通り、車を売却する際には買取業者にて査定し価格を提示してもらいます。

とはいえ、交渉するにしても相場の情報だけでは限界があります。

買取業者も安く買いたいはずですので、簡単には相場以上の価格を付けることはしてくれません。

そこで、複数の買取業者に査定を依頼し、競合させるという方法をとります。

オークションのように、売り手は一番高値を付けてくれた業者を選べばよく、買い手は他の業者に取られないよう出来る限りの高値を提示する、という構図になります。

結果、一社と交渉するよりも高値となることが多いわけです。

特にC-HRは人気車種です。

競合させることでより高値を付けてもらえる可能性が高まります。

買取時期を考慮する

買取業者との交渉以外に、買取時期によって高値を付けてもらえる可能性があります。

具体的には新生活の準備の時期や、買取業者の決算月がそれにあたります。

前者は1~2月、後者は9月と3月です。

このとき、買取業者は積極的に買取をするため、高値を付けてもらえることが期待できるわけです。

また、買取業者は出来るだけ早く車を店頭に並べたいため、短期間で買取することを条件に高値を付けてもらえることもあります。

本日売却してくれればこの価格で
というのはよくあるケースです。

ですので、すぐに手放してもよい方で、目標価格も決まっているのであれば、こういった条件をうまく交渉材料にしながら、より高値を付けてもらうことも可能です。

C-HRの中古相場のまとめ

C-HRの中古車の相場についてはいかがだったでしょうか?

C-HRは人気車種だけあって、全体的に中古車の価格が高めなのが特徴的でしたね!

※実はC-HRの新車の価格と比べても意外と差がなさそうなんですよね。
(ただし、オプションについては考慮に入れていません)

それだけにできるだけ安く買って、できるだけ高く売るための戦略を十分に練っておく必要がありますね!

以上、C-HRの中古車相場についてでした。

最後までご覧いただきありがとうございました!

新型C-HRがほしい!

C-HRって良いですよね!

SUVは内装、外装共に
カッコいい
の代名詞です。

C-HRのそんなSUVの中でも発売当初から常にトップを維持し続けています。

やはり、
センシュアル スピード-クロス
のキーワードは伊達ではありません!

でも、いざ買うとなると…

  • 「やっぱり高いなぁ…」
  • 「頭金もない…」
  • 「値引き交渉がしんどいなぁ…」
  • 「ディーラー回りはやだなぁ…」

などなど、とにかく悩みがつきないんですよね…。

でも、この悩み、誰も相談できる人がいません。

C-HRの情報をネットで調べても、
車好きの友人に聞いても、
結局わかるのは車の性能くらいです。

家族に相談しても
結局言われる一言が
「今の車でいいじゃん」

違う、そうじゃないんだよっ!!(怒)

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが新しい第一歩です!

ディーラーでは30万円の下取りだったのが、
買取業者だとなんと80万円になった!
なんてことも結構あります。

一括査定サイトを使うと、
何社もの大手下取り会社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれます。

ですので、結果的に値段が吊り上がるわけです!